クリニックについて
HOME > 看護だより一覧 > 第14回

第14回『南池袋パークサイドクリニック受診される方へ』

看護だよりアイキャッチ

こんにちは。

わたしたちのクリニックは甲状腺と乳腺専門クリニックです。
6月に当院は開院して5周年を無事に迎えることが出来ました。今回改めて皆さまにクリニックについてお伝えしていきたいと思います。

第14回のテーマは『南池袋パークサイドクリニック受診される方へ』です。
症状に合わせて受ける検査の内容は異なりますが、クリニックでは下記のような3つの検査を行うことができます。


血液検査

採血室 わたしたち看護師が症状に合わせて医師の指示の元、採血を行います。
甲状腺や乳がん検診Bコースなどで受診を考えている方はほとんどの場合は採血を行います。
腕まくりをしやすい洋服や腕まくりをした時に腕を締め付けないような洋服でいらっしゃることをおすすめしています。

血液検査の当日は入浴も可能です。
採血した部位にカバンをかけたり、強くこすったり揉んだりするとアザの原因となりますので避けて頂くようにご説明しています。

院内で行える血液検査の内容であれば1時間ほどで結果がでます。
日にちによっては大変混雑する場合があります。結果に遅れが生じることがありますので、受診日は時間に余裕を持って来院されることをおすすめ致します。


超音波検査

超音波検査は基本的には臨床検査技師が行っております。
甲状腺・乳腺のどちらもほとんどの場合で検査が必要になります。
検査時間は症状によって異なります。
結果が出るまでに約30分かかります。

検査する部位に温かいゼリーをつけて検査をしていきます。
(患者さんの中には温かいゼリーに感動して下さる方もいらっしゃいます。)
採血と違って痛みがない検査ですのでご安心下さい。

超音波検査はレントゲンと違い放射線などの被ばくの可能性はありません。
患者さんの症状によっては3か月~半年ごとに検査を受けて頂く場合もありますが、小まめに検査をしても心配ありません。

エコー室

骨密度検査

わたしたちのクリニックの骨密度の機械は骨粗鬆症診断において標準とされている測定機器です。
より精密な骨密度を測定することが出来ます。
骨密度検査は微量の放射線を使用して検査をします。
通常のレントゲン検査よりもはるかに微量の放射線のため、身体への影響は少ないです。
検査時間は10~15分程度です。
結果は約30分かかります。

過去の骨折などの状況によって図る部位は異なります。

  • 腰椎
  • 左右どちらかの大腿部
  • 左右どちらかの前腕部
 上記の部位のいずれかで検査を行います。

腰椎は腹部周辺を撮影するため、前日や前々日に健康診断でバリウムを内服した方は骨密度の測定が行えませんのでご注意下さい。
また、微量ではありますが放射線を用いての測定になりますので、妊娠中や妊娠の可能性がある方の検査は医師と相談になります。

金具は撮影時に写り込んでしまいます。
骨密度の検査をご希望の方は金具で出来たボタン、アクセサリー、チャックのついたズボンまたはスカートは避けた洋服を選ばれて来院されると検査がスムーズです。

骨密度

初診の方はまず問診票を記入して頂き医師との診察後、検査に回って頂きます。
健康診断などの検査結果などがあれば持参されて下さい。

院長と看護師

甲状腺や乳腺に気になる症状がある場合は、まずは受診してご相談ください(当院では、原則風邪等の一般内科の診察は行っておりませんのでご了承ください)。

初めての方はネット予約も可能です。
お電話でのご予約も承っております。




お知らせをFacebookでも配信
フェースブックページへ