ss
HOME > 甲状腺・副甲状腺専門の理由 > 甲状腺について > 甲状腺に関係する抗体について

抗サイログロブリン抗体、抗甲状腺マイクロゾーム抗体(抗TPO抗体)とは?

人のからだには、細菌やウイルスなどが入ってくると、これに抵抗してからだを守ろうとする働きがあります。このときに働く物質のことを『抗体』と言います。細菌やウイルスが悪い働きをしないようにするタンパク質の一種です。


通常は、外敵に対してからだを守る働きである抗体ですが、

  1. 抗サイログロブリン抗体
  2. 抗甲状腺マイクロゾーム抗体(抗TPO抗体)

は、敵ではなく自分のからだの一部である甲状腺に対して、抵抗するように産生されてしまった抗体です。


橋本病の疑いがある場合に、血液検査にて「抗サイログロブリン抗体」または「抗甲状腺マイクロゾーム抗体(抗TPO抗体)」が陽性であるか検査します。



お知らせをFacebookでも配信
フェースブックページへ