ss
HOME > 甲状腺・副甲状腺専門の理由 > 甲状腺について > バセドウ病(甲状腺機能亢進症)について

甲状腺の病気「バセドウ病(甲状腺機能亢進症)」について

バセドウ病とは? 甲状腺ホルモンの産生・分泌が過剰な状態

甲状腺ホルモン(FT3, FT4)の分泌が過剰になる病態(甲状腺機能亢進症)の代表的な疾患が「バセドウ病」です。

  • 甲状腺機能亢進症の70%程度がバセドウ病
  • 発症年齢は20〜40歳が多く、次いで40〜60歳
  • 男女比は 1:5 で女性が多い
  • 発症頻度200〜1000人に1人程度

甲状腺ホルモンの分泌調整は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)が担っています。TSHは甲状腺のTSH受容体に結合して甲状腺ホルモンの産生・分泌を刺激します。
バセドウ病では、病的な自己免疫反応によりTSH受容体抗体(TRAb)が産生されてしまい、TSHの代わりにTRAbがTSH受容体に結合して、甲状腺ホルモンの産生・分泌が過剰に刺激されることから甲状腺機能亢進症になります。

(TRAbが産生される原因・機序については未だ明確に解っていません)

バセドウ病の名前の由来は?

ロバート・ジェームス・グレーブス(左)、カール・アドルフ・フォン・バセドウ(右)アイルランドの医師Graves(グレーブス)によって、1835年に初めて報告されました。
その後にドイツのBasedow(バセドウ)伯が独自に発見・報告しました。
日本の医学は、ドイツ医学に倣っていたのでバセドウ病と呼びます。英語圏ではGraves’disease(グレーブス病)と呼ぶことが一般的です。

バセドウ病のことは、甲状腺専門外来のある南池袋パークサイドクリニックにご相談ください。
東京都の池袋駅東口出て5分です。



お知らせをFacebookでも配信
フェースブックページへ