ss
HOME > クリニックについて ‐ 理念・基本方針・特徴

理念・基本方針・特徴

理念

甲状腺・副甲状腺の病を患う方々に
適切な医療を提供し、ともに歩む


基本方針

  • 安全で質の高い医療のためにスタッフ一同が協力します
  • 常に学び、新しい診断・治療技術を診療に活かします
  • 診療に必要な検査を速やかに行います
  • 疾病と上手に向き合い、健やかな日々を送る手助けをします

特徴

  • 甲状腺・副甲状腺専門クリニックです
  • 女性医師による乳腺診療を併設します
  • 骨粗鬆症、骨量減少の精密検査および薬物療法を行います

大学病院出身の内分泌・乳腺専門の外科医3名

当クリニックで診察・検査を担当する医師は、大学病院で内分泌・乳腺専門の外科医として勤務してまいりました。甲状腺・副甲状腺・乳腺の腫瘍性病変の有無や腫瘍の診断・治療、ならびにバセドウ病、橋本病、副甲状腺機能亢進症などホルモン異常をきたす疾患の診断・治療を得意分野とします。甲状腺・副甲状腺疾患では骨粗鬆症との関連があり、骨粗鬆症の診断・薬物治療についても専門に行います。



甲状腺・副甲状腺専門施設

専門の知識と経験をもとに、甲状腺・副甲状腺専門施設として診断から治療方針決定までのステップを迅速に進めることを目指しています。

当日検査「血液生化学迅速検査・超音波検査」

クリニックという特性を活かして、外来通院時になるべく快適に過ごしていただけるよう工夫します。定期通院中の患者様に対しては、診察当日の迅速血液検査(血液生化学検査)、超音波検査などの対応をします。電子カルテ・臨床検査データ管理システムを導入して正確かつ速やかな対応を心がけます。

乳がん検診・乳腺診療は、女性医師が担当

女性医師よる乳がん検診を行います(※院内での検査は乳腺超音波になります。マンモグラフィについては患者様のご都合に合わせて近隣施設での検査を受けていただきます。)
乳がん検診のほか、乳腺疾患についても診断から治療方針決定、外科治療を行います。
術後の患者様の定期経過観察も行います。

精度が高い骨密度測定機

当クリニックでは骨密度測定としてX線を用いたDXA法骨密度測定装置を使用します。骨密度測定としては、精度が高い検査機器であり、甲状腺・副甲状腺・乳腺疾患で骨密度に影響があると考えられる状態の方や年齢的に気になる方にも正確な測定による経過観察が可能です。

甲状腺・副甲状腺の手術治療

甲状腺・副甲状腺いずれの場合も手術が必要な方については、当クリニックと提携している東京逓信病院(外科)にて私たちの提供する診療の一環として入院・手術を受けていただく事が可能です。また、患者様のご希望や病状などによっては、手術可能な他施設への紹介をさせていただきます。



お知らせをFacebookでも配信
フェースブックページへ